|天然石|パワーストーン|アクアマリン|幸せな結婚の象徴 天然石 パワーストーン| 【〜2月2日迄】【期間限定1000円ブレス】マザーオブパール | ローズクォーツ | アクアマリン | 6ミリ玉パワーストーンブレスレット 0126PUP10F|天然石|パワーストーン|アクアマリン|幸せな結婚の象徴 天然石 パワーストーン| 【〜2月2日迄】【期間限定1000円ブレス】マザーオブパール | ローズクォーツ | アクアマリン | 6ミリ玉パワーストーンブレスレット 0126PUP10F|天然石|パワーストーン|アクアマリン|幸せな結婚の象徴 天然石 パワーストーン| 【〜2月2日迄】【期間限定1000円ブレス】マザーオブパール | ローズクォーツ | アクアマリン | 6ミリ玉パワーストーンブレスレット 0126PUP10F
販売店:天然石 パワーストーン cocoro堂
価格:¥1,050
パワーストーン・天然石 パワー充電・浄化・土地鎮魂500g格安1000円☆さざれ水晶[メール便 OK]【va-re-n2009】【0126PUP5F】パワーストーン・天然石 パワー充電・浄化・土地鎮魂500g格安1000円☆さざれ水晶[メール便 OK]【va-re-n2009】【0126PUP5F】パワーストーン・天然石 パワー充電・浄化・土地鎮魂500g格安1000円☆さざれ水晶[メール便 OK]【va-re-n2009】【0126PUP5F】
販売店:タイチンルチル オリエンタル
価格:¥1,000
osadasoft

パワーストーン,カーネリアン

紅玉髄(べにぎょくずい) carnelian (カーネリアン) 色:オレンジ色〜褐色 光沢:ガラス光沢〜脂肪光沢 晶系:六方晶系 硬さ:7 玉髄の中で、赤い縞模様の石を「赤縞瑪瑙(サードオニックス)と言うが、縞模様でない赤い石を「紅玉髄」と言う。 この赤い色は、酸化鉄を不純物として含んでいるからで、赤とは言っても、通常はオレンジっぽい色の石が多い。 また、色の素が酸化鉄の為、熱すると、さらに酸化が進み、濃い赤→褐色と、色が濃くなる。産出した時に色が薄くても、この性質を利用して、加工の際、色調整しているのだ。 カーネリアンの放つ波動は、好奇心を刺激し興味を起こさせ、集中力ややる気を呼び起こすといわれています。創造力・実行力を高めてくれる石で、何か新しいことを始めようとする時にこの石を持つことで物事をスムーズに運ぶ力になってくれるといわれます。 また、願い事が叶う石ともいわれてます。

パワーストーン,ガーネット

柘榴石(ざくろいし) garnet (ガーネット) 色:赤、褐色、黄、緑など 光沢:ガラス光沢〜樹脂光沢 晶系:等軸晶系 硬さ:6.5〜7.5 1月の誕生石 「ガーネット」というと、濃い赤色のものが主だが、柘榴石の仲間は、含まれている成分で、様々な種類と多くの色に分かれる。 種類は大きく分けると、 「灰(かい)ばん柘榴石」(以下柘榴石省略)「苦ばん〜」「鉄ばん〜」「満ばん〜」「灰鉄(かいてつ)〜」「灰格(かいかく)〜」の6種類で(英名省略)、その中でもさらに細かく分類すると、最終的には14〜15種類になる。 ちなみに、宝石で一般に知られている、濃い赤色のガーネットは、この中でも一番産出量の多い「鉄ばん柘榴石」と、「苦ばん柘榴石」を指している。 ガーネットは、別名柘榴石と言われ、紀元前より知られている石で、語源は、ラテン語のグラナトゥムから派生した言葉です。 持ち主に変わりない愛情を示し、血液の循環を良くし、免疫力を高め、体内の毒素を排除する力もあるといわれます。 また、魔除けの石として大事にされ、災難から身を守ると言われます。

パワーストーン,オパール

オパール opal 色:遊色の為一定せず 光沢:ガラス光沢〜真珠光沢 晶系:なし 硬さ:6 10月の誕生石 普通の鉱物は、必ず結晶するが、オパールは、特定の結晶を持たない珍しい鉱物である。 また、見る方向によって、白、赤、青、黄色などが混じりあい、虹のように変化する「遊色(ゆうしょく)」という効果を持つ。 オパールは、珪酸の粒が集まって出来ているが、その粒の隙間は水分が埋めている為、宝石の中は、かなりもろく、こわれ易い。 種類は大きく2つに分かれ、海底に珪酸が沈殿して出来る透明度の低いオーストラリアオパールと火山の溶岩の中で出来る透明度の高いメキシコオパールがある。 ピンクオパールはロマンスの石と呼ばれ愛の願いごとには大きなパワーを発揮すると伝えられています。 また、感受性を豊かにし、内面の美を引き出してくれるといわれます。 ブルーオパールはおもにオーストラリア・クイーンズランドで産出されるブルーの地色を持ち、希望の石とも呼ばれ未来が開けていくための積極的な行動を後押ししてくれる石です。 また、知性と魅力を高め、愛の願いごとには大きなパワーを発揮してくれるとされています。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071124-00000304-yom-soci

パワーストーン,エンジェライト

硬石膏(こうせっこう) anhydrite (アンハイドライト) 色:無色、青、紫、灰、褐色など 光沢:ガラス光沢、真珠光沢 晶系:斜方晶系 硬さ:3〜3.5 硬石膏は、硫酸カルシウムから出来ていて、そこに水分子が加わると、ただの石膏になる。 また、硫酸カルシウムがストロンチウムに変わると天青石(セレスタイト)になるが、これはそもそも、天青石から石膏、硬石膏に変化するからで、その為か、発掘場所や石の性質が割とよく似ている。 また、硬石膏と天青石の間とも言える「エンジェライト」という石も存在し、これは硫酸カルシウム、ストロンチウムの両方を併せ持っている鉱物だ。 エンジェライトはその名が表わすようにエンジェルを連想させる優しい空色をしています。またパワーストーンとしての歴史は浅い石ですが癒しの石としてファン層を広げています。 ヒーリング効果としては人に対しても自分に対してもピュアな気持ちで向き合え誠実な心を育ててくれるので人間関係を円滑にする役割をはたしてくれるといわれています。

パワーストーン,インカローズ

菱マンガン鉱(りょうマンガンこう) rhodochrosite (ロードクロサイト) 別名:inca rose (インカローズ) 色:ピンク、赤色 光沢:ガラス光沢、真珠光沢 晶系:六方晶系 硬さ:3.5〜4.5 ロードクロサイトは、和名の通りマンガンの主要な鉱石だが、ピンク色のキレイな石は、アクセサリー用としても、よく使用されている。 マンガンと二酸化炭素から構成されている鉱物だが、このマンガンがカルシウムに置き換わると「方解石(カルサイト)」になり、鉄に置き換わると、「菱鉄鉱(シデライト)」に変わる。 三者とも見た目は全然似てないが、このパターンを「類質同像」という。 情熱を呼び覚ます石、インカローズの正式名はロードクロサイト、別名パッションローズとも呼ばれています。 この石は、肉体・精神・感情の3つのバランスを統合するパワーを持つとされ、眠っていた情熱を呼び覚ますパワーがあり、ハートチャクラのエネルギーを活性化させ何事にも意欲的に取り組める力を与えてくれるといわれています。 また、愛情を復活させる効果もあり、仕事も恋も常に情熱的でありたい人には、最適といえます。 ペルー産インカローズは、透過性があり深いサーモンピンク色が魅力的で、情熱の薔薇(パッションローズ)と呼ばれるのにふさわしく、オレンジ掛かったヒンク色が日本人の肌によく馴染みます。

パワーストーン,アラゴナイト

霰石(あられいし) aragonite (アラゴナイト) 色:無色、白、褐色、黄、淡紫など 光沢:ガラス光沢 晶系:斜方晶系 硬さ:3.5〜4 霰石は、炭酸カルシウムから出来ていて成分的には、貝や珊瑚と同じものである。 軟らかくて、傷つき易いので、アクセサリーには使われないが、品質の良い石は、見て楽しむ鉱物として、利用されている。 英名「アラゴナイト」は、最初に発見されたスペインのアラゴン地方から来ているが、和名「霰石」の由来は少しややこしい。 江戸時代、長野で産出した、豆粒のような石を「霰石」と呼んでいたが、明治になって、それがアラゴナイトと同じ石ということになって、霰石=アラゴナイトになった。 だが、実はこの2つの石は別モノで、結局、名前の方がそのまま残り、アラゴナイトの和名は「霰石」で定着した。 アラゴナイトは人との出会いを豊かにし、友情や愛情を高めるパワーを与えてくれると伝えられ、またなごみの石ともいわれ感情のバランスを整えストレスを解消してくれる働きもあり、物事をスムーズに解決し円満な人間関係を築くことができるといわれます。

パワーストーン,アメジスト

紫水晶(むらさきすいしょう) amethyst (アメシスト) 色:紫 光沢:ガラス光沢 晶系:六方晶系 硬さ:7 2月の誕生石 古代エジプト時代からアクセサリーとして活躍してきたアメシスト。 石英の中でも、紫色の石をいう。 紫色の宝石はそれほど多くないので、今でも人気のある宝石だ。 色は、紫が基本だが、その中でも、紫が濃い程価値が高い。 しかし、そういう色の原石は少なく、中には、紫がまだらだったり、中心が透明だったりする石もあるが、そんな場合はゆっくり低温で加熱すると、石全体がキレイな紫になる。 ただ、温度が高すぎたりすると、紫があせて、濃い黄色や、茶、緑になって、紫水晶ではなくなってしまう。 アメジストは浄化・邪気祓いの能力にすぐれ、感情を鎮め、精神を安定させるはたらきがあると言われ、またアルコールに関する悪習に効果があると伝えられています。枕の下に置いて眠ると安眠とともに楽しい夢が見られることもあります。

パワーストーン,アマゾナイト

天河石(てんがせき) amazonite (アマゾナイト) 色:青緑色 光沢:ガラス光沢 晶系:三斜晶系 硬さ:6〜6.5 天河石は、微斜長石(びしゃちょうせき)の中でも、青緑色をした石のことを言う。 長石の仲間は、種類が多く見た目も似ていて、ややこしいが、青緑色のものは、天河石しかないため、簡単に見分けることが出来る。 この、わかり易い色は、不純物として、わずかに鉛が含まれているため。 また、基本的には不透明だが、透明なものはエメラルドによく似ている。不透明な石も、トルコ石や翡翠(ひすい)に似ていて、その代用品になることがある。 希望の石アマゾナイト(天河石)は希望の石と呼ばれ、進むべき道へと導いてくれると言われ、心を静め活力を与えてくれると言われています。また別名アマゾンの翡翠と呼ばれています。

パワーストーン,水晶

石英(せきえい) quartz (クォーツ) 色:無色または白 光沢:ガラス光沢 晶系:六方晶系 硬さ:7 石英は、地球の地殻の大部分を占めているため、もっとも身近で、ありふれた鉱物である。 純粋な石英は、透明だが、大抵不純物が混じっているため、透明な石は少なく、本当に混じりっけのない石英は水晶と呼ばれ、昔から大切にされた。 また、不純物の種類によって、様々な色になり、その色や、模様の有無で、紅水晶、紫水晶、瑪瑙など、多くの種類に分かれる。 水晶は浄化力に優れ、災いを避け、幸運を招きいれる石として古くから愛され、持つ人を選ばず、誰にでも公平にそのパワーを発揮してくれると伝えられています。 また、肉体面や精神面でもストレスや疲れを取り除き、生命エネルギーを高めてくれるといわれます。 さらに、水晶は日本の「国石」でもあり、古代より世界各地で愛用されてきたオールマイティなパワーストーンで、守護石の代表格と言われています。

パワーストーン,アズライト

藍銅鉱(らんどうこう) azurite (アズライト) 色:紺青色 光沢:ガラス光沢 晶系:単斜晶系 硬さ:3.5〜4 藍銅鉱は、銅を含む鉱物が変化して出来る二次鉱物で、銅鉱床の上部に出来ることが多い。 同じような場所に出来る孔雀石と共に発掘されることが多いが、それもそのはずで、この藍銅鉱に水分が加わると孔雀石に変化してしまうのだ。 色は名前の通りキレイな藍色だが、軟らかい為、アクセサリーにはほとんど使用しない。 アズライト は古代から神聖視され予言や祈祷に用いられてきたといわれています。 また、潜在意識に働きかけ霊的能力、洞察力を高めると共に意識を向上させ、心身ともに浄化させるといわれます。

パワーストーン,アゲート

瑪瑙(めのう) agate (アゲイト) 色:縞模様の為、特定せず 光沢:ガラス光沢〜脂肪光沢 晶系:六方晶系 硬さ:6.5 8月の誕生石 瑪瑙は、玉髄の仲間で、小さな石英の結晶が集まってできている。 白、灰、黒、赤、緑などが組み合わさった独特の縞模様が特徴だが、この模様は、不純物によって生じ、それによって、玉髄とは区別されている。 また、縞模様の色や形によって、瑪瑙化木、景観瑪瑙、苔瑪瑙、オニックスの4種類に分けられ、ブローチやペンダント等、装飾品に加工されるのは、主に、オニックスである。 オニックスには、表面に垂直、もしくは水平に、平行な縞模様があるがこの中でも、赤い縞模様の瑪瑙をサードオニックス(赤縞瑪瑙)と呼び8月の誕生石にもなっている。 ただ、最近では、単にオニックスというと、黒い瑪瑙を指す場合が多い。 アゲート(瑪瑙)は人間関係に効果のある石といわれ、勇気や行動力を養い、対人関係によって起こる失敗や不幸を防ぐ力があるとされます。 また、緊張を和らげストレスを軽減させ心の豊かさと安心、感謝の気持ちを育み、大きな勇気が必要なときには力を与えてくれるといわれます。 赤いアゲートは、愛を象徴する石で対人関係に起こる失敗やいざこざを防ぎ親子兄弟など家族の絆を深いものにしてくれます。 また、子宝に恵まれるとも言われています。

パワーストーン,アクアマリン

アクアマリン aquamarine 色:青 光沢:ガラス光沢 晶系:六方晶系 硬さ:7.5〜8 3月の誕生石 緑柱石(りょくちゅうせき)の仲間で、青色の石をアクアマリンという。 「海の水」という名前の通り、淡い青から、濃いスカイブルーまで、色合いは石によって違う。ただ、原石のほとんどは、青緑色っぽいもの以外、たいてい良い青色にするための、熱処理が行われている。 天使の石アクアマリンは、夜になると一層輝きを増すため宝石の夜の女王とされるほど優しく癒し平穏な海のように穏やかで幸せな気持ちにさせてくれます。 また、天使の石とも呼ばれ愛情の表現力を豊かにし幸せな恋愛や結婚をもたらします。

パワーストーン,アイオライト

菫青石(きんせいせき) cordierite (コーディアライト) 別名:iolite (アイオライト) 色:濃い青〜灰がかった青 光沢:ガラス光沢 晶系:斜方晶系 硬さ:7〜7.5 菫青石は、名前の通りの青い石で、英名のコーディアライトは鉱物上の学名、アイオライトという別名は、ギリシャ語の紫色(ion)と、石(lithos)に由来してつけられた。 この青い色は石に含まれている鉄の影響で鉄分が多いほど、濃い青色になり、逆に赤鉄鉱(せきてっこう)を含むと、赤みを帯びた石になる。 ビーズや彫り物など、装飾品として、幅広く利用されてるが、宝石としてはイマイチ硬さが足りないため、ルビー(硬さ9)などと比べると、ワンランク下の宝石に分類されている。 アイオライトは バイキングが航海に携帯し日光に向けると色が変わることを利用して羅針盤の方角を算定するのに用いた所から海のサファイアと呼ばれるようになったといわれています。 目標に向かって正しい方向への前進を導き、霊的能力を高める働きがあるといわれます。 色は半透明の紫青色ですが方向を変えてみるとスモーキーな色に変わる多色性を持っています。

パワーストーン,ムーンストーン

月長石(げっちょうせき) moonstone (ムーンストーン) 色:白(青白い光を放つ) 光沢:ガラス光沢 晶系:単斜晶系(正長石) 三斜晶系(曹長石) 硬さ:6〜6.5 月長石は、単独の鉱物ではなく、正長石と曹長石が交互に重なり、層になった長石の仲間である。 主な成分は正長石だったり、曹長石だったりするので、石によってどちらに属するかは微妙だ。 2つの鉱物が層になった面に垂直に光が入ると、層ごとに光が反射され、干渉し合う。 月を連想させる青白い光はここから生まれ、この現象を閃光という。 ムーンストーンは古代より月が宿る聖なる石として崇められ旅の安全を導くお守りとして、用いられてきました。感受性を豊かにし、直感力高め未来を予知する力を与えるといわれています。 また、恋人たちの石といわれ、気持を優しく穏やかする作用があり、愛をもたらす石としても知られています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。